大腸刺激して便秘解消

大腸刺激して便秘解消

便秘は肌荒れの原因にもなります。

 

成人女性の2りに1人が悩まされているという便秘。

 

便秘は女性の悩みの種ですよね。

 

便秘はそれ自体が不快であるばかりでなく、

 

肌が荒れたりしたはらがポッコリでたりして美容にとっても影響があります。

 

便秘が気になる人は食物繊維の多い食事を取って食生活を改善してください。

 

ぷらすストレッチをすると便秘解消の効果があがり、大腸を刺激してべんの出をよくするのです。

 

 

慢性的便秘で悩んでいるならストレッチをとりいてみてくださいね。

 

 

 

・ストレッチの効果を高めるコツは・・・

 

基本の呼吸法 呼吸を止めたり力まない

 

筋肉をのばしたりひねる時に息をはく

 

はなから吸って口から吐く

 

 

反動をつけない

 

伸ばすとき、ほぐす時の目安はいたきもちいい。

 

痛い、異常をかんじたらすぐに中止

 

食後2時間以上たってから行う

ダイエットにおける停滞期中の心構えについて

ほとんどのダイエットをしている人が経験するのが停滞期というものです。

 

ダイエットが順調にいっていない感じがして焦ってしまうのが停滞期の特徴です。

 

どんな気持ちの持ち方で停滞期を乗り越えれば、落ち込まずに普段通りにダイエットを継続することができるのでしょうか。

 

ダイエットには停滞期が必ずあることを理解することです。

 

心に余裕が生まれるので、ダイエットをしていれば停滞期がかならず来るというとを理解しておくことは大事なことです。

 

正しい知識を持つことで、ストレスを緩和することができるのです。

 

希望通りに体重が減少しないと、食事制限や運動を一生懸命やっているのにとストレスがたまってしまうでしょう。

 

ダイエットが順調にいっているというイメージを持ち続け、停滞期中はできるだけ不満がつのらないように気を付けましょう。

 

ダイエットを長期的に行う場合に重要なのは、モチベーションをキープすることです。

 

ダイエットの停滞期がしばらく続けば、体重が減っても身体機能が維持できると判断した体は、停滞期から脱します。

 

次の体重減少のために準備を体がしている期間がダイエットの停滞期と思っていれば、気持ちも落ち込まずにすむでしょう。

 

今までどおりにダイエットがうまくいく時期が必ず来ますので、信じてダイエットを続けましょう。